Loading...

人間とパペットが共存する平和な街で、前代未聞のパペット連続殺害事件が発生!アグレッシブなおばさん刑事コニー・エドワーズとハードボイルドなパペット私立探偵フィル・フィリップスが巨大な陰謀渦巻く事件と対峙する!!

主人公コニーを演じるのは『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』でアカデミー賞®助演女優賞にノミネートされ『ゴーストバスターズ』『SPY/スパイ』の活躍が記憶に新しいコメディ女王メリッサ・マッカーシー。数々のコメディ映画に出演してきたメリッサだが今回はまさかのパペットと初共演!監督はパペット作家の巨匠「セサミストリート」のキャラクターを誕生させたジム・ヘンソンの息子であるブライアン・ヘンソン!17歳で『マペットの大冒険/宝石泥棒をつかまえろ!』の製作に参加し、パペットの操作師であり技術革新者でもある。さらに、これまでに様々なパペットを操ってきた伝説のパペット操作師ビル・バレッタがフィルの声を含めて熱演!

全米ではパペットなのに暴走しすぎてR指定だったにも関わらず、日本ではまさかのPG-12でお子様厳禁の自主規制!『テッド』や『ソーセージパーティー』を超え、エロくて、エモくて、超おバカな抱腹絶倒のバディ・アクション・コメディが日本の冬をホットにする!!
人間とパペットが共存する世界。ロス市警初のパペット刑事フィル・フィリップはある人質事件で失態を犯し、刑事を首になり、いまは私立探偵として過ごしている。ある日、サンドラ・ホワイトと名乗るセクシーなパペットから脅迫状が届いたので調べて欲しいと依頼を受ける。フィルは脅迫状の書体にエロ本の一部が使われていることに気づき、パペットが経営するアダルトショップに向かう。店の裏手で捜査をしていると、表で銃声がする。フィルが慌てて戻ると店主を含め、全てのパペットが殺害されていた。通報を受けたロス市警からフィルのかつての相棒でおばさん刑事コニーが捜査に乗り出し、二人で事件の捜査に挑むことになるが…この事件にはある陰謀が隠されていた−!!

  • 1970年8月26日生まれ、アメリカ合衆国イリノイ州出身。ニューヨークでスタンダップ・コメディアンとして芸能活動をスタートし、ロサンゼルスに拠点を移してからは、世界的に有名な即興コメディグループ“グラウンディングス”のメイン・メンバーとして活動。テレビドラマシリーズ「ギルモア・ガールズ」(00-07)にレギュラー出演しブレイク。その後、数々の映画やドラマに出演し、2011年に『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされる。その他、『ハングオーバー!!! 最後の反省会』『デンジャラス・バディ』(ともに13)、『タミー/Tammy』『ヴィンセントが教えてくれたこと』(ともに14)、『SPY/スパイ』(15)などに出演。最近では、『ゴーストバスターズ』(16)でピープルズ・チョイス・アワードを受賞した。また、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムにも刻まれ、手型と足型はTCLチャイニーズ・シアターの前のセメントにも残されている。女優やコメディアン以外でも、脚本家、プロデューサーとしても活動しており、本作でもプロデューサーとして参加している。
  • 1964年6月19日生まれ、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身。ニューヨークのネイバーフッド・プレイハウスで故スタンフォード・マイズナーのもと演技のトレーニングを積み、1991年にジム・ヘンソン・カンパニーで演技を始める。1996年に『マペットの宝島』でパペット技師として映画デビュー。主な出演作として『ゴンゾ宇宙に帰る』『エルモと毛布の大冒険』(ともに99)、『マペットのメリー・クリスマス』(02)、『マペットのオズの魔法使い』(05)、『ザ・マペッツ』(14)、『ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー』(16)などがある。現在ディズニーのマペット・スタジオのコア・マペットを演じる主役級の一人である。
  • 1971年11月20日生まれ、イタリア・ローマ出身。業界きっての人気コメディアンで、Netflixのコメディ番組「ジョエル・マクヘイル・ショー」では世界の注目ニュースやポップカルチャーなどあらゆる時事問題を紹介している。主な映画出演作は『スパイダーマン2』(04)、『インフォーマント!』(09)、『スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション』『ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して』(ともに11)、『テッド』(12)、『NY心霊捜査官』『ロビン・ウィリアムズのクリスマスの奇跡』(ともに14)など。待機作として、『Assassination Nation(原題)』がある。
  • 1972年7月27日生まれ、アメリカ合衆国フロリダ州出身。2000年から7年間レギュラー出演を務めたNBC「サタデーナイト・ライブ」では、ホイットニー・ヒューストン、ジェニファー・ロペス、ビヨンセ、ミシェル・オバマなどのモノマネで人気を博した。主な映画出演作は、『500回目のファーストキス』(04)、『今宵、フィッツジェラルド劇場で』(06)、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(11)、『ベイマックス』『インヒアレント・ヴァイス』(ともに14)など。プライベートでは、映画監督のポール・トーマス・アンダーソンのパートナーとして知られている。
  • 1958年2月19日生まれ、アメリカ合衆国イリノイ州出身。2005年から9年間に渡りレギュラー出演したテレビドラマ「ザ・オフィス」で知られている。その他、主な出演作として「マルコム in the Middle」(00-02)、「ザット'70sショー」(01)、「堕ちた弁護士-ニック・フォーリン-」(01-03)、「scrubs~恋のお騒がせ病棟」(03)、「Marry Me~本命彼女はモテ期中!?~」(10)、「キー&ピール」(12-15)、「スティル・ザ・キング」(16-17)などがある。映画では、『結婚の条件』(88)、『エリザベスタウン』(05)などがある。
  • 1974年2月10日生まれ、アメリカ合衆国マサチューセッツ州出身。ペンシルベニア大学を卒業し、アメリカン・コンサバトリー・シアターで演技を学ぶ。主な出演作は、サム・ライミ監督『スパイダーマン』シリーズ(02、04、07)、『40歳の童貞男』(05)、『スリザー』(06)、『ハンガー・ゲーム』シリーズ(12-15)、『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』(14)、『LEGO(R)ムービー』シリーズ(14、16)、『マジック・マイク XXL』(15)などある。また、女優のほかプロデューサーや監督としても活躍しており、『ピッチ・パーフェクト』シリーズ(12、15、17)を通して製作・出演しており、『ピッチ・パーフェクト2』では監督も務めた。
1963年11月3日生まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク出身。セサミストリートなどを生み出したマペット界の巨匠ジム・ヘンソンの息子。1990年に父が死去してから、ジム・ヘンソン・カンパニーの代表者となる。数々の映画やテレビ作品の監督、プロデューサー、そして脚本家として活動するとともに、パペットの技術革新者であり、パペット操作師。子供の頃から父が働くセットを訪れ、17歳のときには『マペットの大冒険/宝石泥棒をつかまえろ!』(81)の制作に参加していた。映画の主な参加作品は、『マペットめざせブロードウェイ!』(84)、『オズ』(85)、『ラビリンス/魔王の迷宮』『リトルショップ・オブ・ホラーズ』(ともに86)、『ミュータント・タートルズ』(90)、『マペットの宝島』など。また、『マペットのクリスマス・キャロル』(92)では監督を務め、『エルモと毛布の大冒険』や『ゴンゾ宇宙に帰る』、『ザ・スター はじめてのクリスマス』(17)などではプロデューサーとして参加している。テレビシリーズでは、「ピースキーパー・ウォー 最終大戦」、「ビーンストーク ジャックと豆の木」(01)などに制作総指揮・監督として参加。その他「ノック!ノック!ようこそベアーハウス」(97-99)、「ガリバー/小人の国・大人の国」(96)、「マペット放送局」(96-98)「恐竜家族」(91-94)などがある。
1979年4月5日生まれ、アメリカ合衆国ニューオリンズ出身。ドリームワークス・アニメーション、フォックス、ミレニアム・フィルムそしてMGMへの脚本執筆の他にも、評価の高かった『It’s A Disaster(原題)』(12)、レイクショア・エンタテインメントとソニー製作の『Cover Versions(原題)』(18)などの長編映画の監督や脚本を務めている。彼の初著作「ショーダウン・シティ」は2016年にディーヴァージョン・ブックスより出版された。ワッフルとパンケーキが好き。
1958年5月31日生まれ、アメリカ合衆国サンフランシスコ出身。マイケル・ベイ監督『トランスフォーマー』(07)をはじめ、『レッド・ドーン』『プレミアム・ラッシュ』(ともに12)、『グランド・イリュージョン』(13)、『ブラザー・ミッション -ライド・アロング2-』(16)、『バッド・ママのクリスマス』(17)、『チップス 白バイ野郎ジョン&パンチ再起動?!』(17)などの撮影を担当した。
アメリカ合衆国ニューオリンズ出身。主な担当作品は、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(07)、『スモーキング・ハイ』(08)、『オブザーブ・アンド・レポート』(09)、『ハッピーニート おちこぼれ兄弟の小さな奇跡』(11)、『エンド・オブ・ザ・ワールド』(12)、『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』『グランド・ジョー』(ともに13)、ジェームズ・フランコ監督『ザ・ディザスター・アーティスト』(17)などがある。
ヒットコメディ『セントラル・インテリジェンス』(17)や『ライフ・オブ・ザ・パーティ』(18)の編集を担当した。また、編集アシスタントとして参加した作品に、『寝取られ男のラブ♂バカンス』(08)や『伝説のロックスター再生計画!』(10)、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』、『ブライドメイズ 史上最悪のウェディングプラン』、『なんちゃって家族』(13)、『タミー/Tammy』、『ゲットハード/Get Hard』『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』(ともに15)などがある。
インド出身でニューヨーク大学のティシュ・スクール・オブ・アーツで映画の勉強をした。コスチュームによりユニークな世界観やキャラクターや冒険を作り出している。衣装として参加した作品は、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』『ミッシング・ポイント』(ともに12)、『はじまりのうた』(13)、『人生は小説よりも奇なり』『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』(ともに14)、『アバウト・レイ 16歳の決断』(15)などがある。現在は、ハリウッドとボリウッドの間を行き来し活動している。
1972年1月2日生まれ、アメリカ合衆国マサチューセッツ州出身。セス・ローゲンの製作『ソーセージパーティー』(16)や『恋人はセックス依存症』(12)などの音楽を担当。また、『モンスター上司』(11)、『ライド・アロング~相棒見習い~』(14)、『バッド・ママ』(16)などのヒット作で11ものBMIアワードを受賞している。その他、人気ドラマシリーズ「SUPERNATURAL スーパーナチュラル」(05-18)やJ・J・エイブラムス製作総指揮「レボリューション」などのドラマや、「メダル・オブ・オナー」「ジェームズ・ボンド」「ゴッドファーザー」「マスエフェクト」などのゲーム音楽も手掛ける。